2018年02月22日

『本』は深

「安近短は、

高遠深が

あればこそ」



*手触りも

含めて味わう

『本』は深。

by 郷子